探偵になるには?その方法とは?資格っているの? | 妻の浮気を調べる方法|やってはいけない浮気調査方法をご存知ですか?

探偵になるには?その方法とは?資格っているの?

探偵になるには、日本では国家資格や公的資格などの資格が必要ではないのが現状です。よって、探偵になりたいと思えば、誰でも可能なのです。

そもそも探偵というのは、調査業務と相談業務を柱としています。
探偵事務所には、様々な悩みと依頼を持つお客様がいらっしゃいますので、親身に相談を聞き、求めていることを把握しなければなりません。

探偵には、傾聴とヒアリング力、そしてコミュニケーション力が求められます。

一方で、調査業務は、聞き込みや張り込み、尾行などの情報収集になりますので、移動の手段として、車の免許などは必須としているところが多いです。

また、忍耐力や体力、持久力、分析力なども求められます。
探偵になるには、探偵事務所を開業するか、探偵事務所に調査員として就職する方法があります。

探偵事務所を開業して、直ぐに業務を始めるスキルと自信がある方は、まず、警察署経由で公安委員会へ届出をすることで可能となります。
一方、インターネットやハローワークでは、探偵事務所の求人を出している企業を紹介して貰える場合があります。
特にスキルや資格がなくても、面接で合格すれば、調査員として働くことができるでしょう。

探偵学校に通わなければ、探偵になれないというわけではなく、本人にその資質があり、真面目に業務を遂行できるかどうかが重要になります。

浮気調査の探偵一覧


このページの先頭へ